広瀬碧さん(新国立劇場バレエ団)から公演のご案内

第3回発表会ドン・キホーテで福岡雄大先生(新国立劇場バレエ団)と共にゲスト出演してくださいました広瀬碧さん(新国立劇場バレエ団)が2021年1月に行われる新国立劇場バレエ団の公演で主演することになりました。
碧さんから公演のご案内を含めて皆様にメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。

この度、新国立劇場バレエ団のNew Year Balletの公演、デヴィッド・ビントレーの「ペンギン・カフェ」でペンギン役を演じさせて頂く事となりました。

この作品は私がまだ研修生を卒業しバレエ団へ準団員として入団してまもない頃、日本で初めて上演された作品です。

その時私はなかなか舞台に立つ事が出来ないフラストレーションを抱えながら葛藤する日々を過ごしていましたが、そんな中この作品を客席で観ました。

動物の姿に扮したダンサー達が、明るくユニークな美しい踊りを披露していき、それはそれは楽しい気持ちにさせてくれるのですが、その裏の作品に込められたメッセージは環境問題、人間のせいで絶滅に追い込まれた動物たちの悲痛な叫びが表されているのです。

この短い40分程の作品にこんなにも壮大なテーマが込められていて、またその短い時間でとても楽しく愉快な気分にさせて貰いながらも、その問題に対して自問自答し、深刻に考えさせられるのでした。

私はそれまでそのような作品に出会った事がなく、バレエにはこんな面があるのか‼︎と大きな衝撃を受けた事を覚えています。
そして同時にビントレー氏に深く尊敬の念を抱きました。

いつか、私もこの様な作品に出演したい‼︎そして自分ならこんな風に演じたい‼︎
その時そう強く思ったのを今でも鮮明に覚えています。

そして10年後の今、タイトルロールのペンギンを演じさせて頂く事となりました。
こんなに幸せな出来事が起こるのかと、感無量です。
「努力は時に報われる事がある」10年前の苦しんでいた自分と、そして今スタジオで一生懸命に頑張っている皆さんに心から伝えたい気持ちです。

そしてこの舞台で、当時”こう演じたい‼︎”と思ったこと、そしてこの10年で積み上げ深くなった感情を全て注ぎ込んで、私にしか出来ないペンギンを演じたいと思います。

皆さま、是非劇場でご覧ください(^^)!

広瀬碧

詳細は新国立劇場バレエ団ホームページからご確認ください。
チケットご希望の方は教師までご連絡いただければ手配させていただきます。
日程
2021年1月 9日( 土)14:00新国立劇場オペラパレス
2021年1月10日 (日)14:00新国立劇場オペラパレス
2021年1月11日(祝月)14:00新国立劇場オペラパレス